ブログ

RCAについて

RCAとはRoot Cause Analysisの略で、根本原因分析という意味であり、インシデントやアクシデントの根本原因を分析することによって再発を防止する手法である。事故を未然に防止するというよりも、再発を防止するための分析である。RCAは、不具合や事故が発生した後に、事故からたどって、その背後に潜むシステムの問題、およびヒューマンファクターを探る方法である.多職種のメンバーが、集中討論し、原因の同定、改善策を考案し、追跡調査することによって潜在的な問題を明らかにすることができる。

RCAは医療安全において最もポピュラーな分析方法の1つとして、多くの医療機関に浸透している。その理由はインシデントやアクシデントを表面的に対策するのではなく、根本的な対策を行うことが可能であるからである。インシデントやアクシデントの根本原因に辿り着くことに有効な手法であるため、効果的な再発防止策を立てやすい方法であり、体系的にも確立された分析手法であるため、医療安全における事故防止に大きな効果がある。

インシデント・アクシデントの事例報告から始まり、RCAを実施するかどうかの検討、チームの招集、出来高流れ図の作成し、なぜなぜ分析を行い、根本原因を追究する。次に情報を精査し、因果関係図の作成と根本原因を確定する。最後に、対策を立案し、立案表の作成、管理者への報告と対策実施の承認を得る。分析結果をフィードバックし、関係各部署の責任者に連絡し、対策を実施する。実施した対策を追跡して評価するまでがRCAの流れである。

関連記事

  1. バランスト・スコアカード
  2. マーケティング戦略を策定するための手順について
  3. 戦略志向のマネジメントの5原則とバランスト・スコアカードの管理方…
  4. 変革型リーダーシップについて
  5. データベース思考について 九州大学大学院 馬場園明教授
  6. 事故防止策として行われている「ダブルチェック」について
  7. 持分なし医療法人と認定医療法人について
  8. スイスチーズモデルとは
PAGE TOP