ブログ

遺留分侵害額請求権について(申告期限までに金銭債務額が確定した場合)

 相続税の申告期限までに遺留分侵害額の請求が行われ、受遺者等の金銭債務の額が確定した場合には、遺留分侵害額の請求を受けた受遺者等は、確定した金銭債務の額を相続税の課税価格から控除したうえで相続税額の計算を行い、相続税の申告・納付をすることになります。
 他方、遺留分侵害額の請求を行った遺留分権利者は、確定した金銭債権の額を相続税の課税価格に加算したうえで相続税額の計算を行い、相続税の申告・納付をします。

関連記事

  1. 贈与税結婚子育て資金についても2年延長
  2. 白色申告と青色申告について 個人事業主の給与の考え方と専従者控除…
  3. 交際費の損金算入限度額
  4. 同一年度に精算課税と暦年課税で贈与を受けるとどうなるか?その他注…
  5. 交際費限度額の沿革(S57年以降)
  6. 遺留分侵害額請求権について(申告期限までに金銭債務が確定しない場…
  7. 持分なし医療法人と認定医療法人について
  8. 給与所得控除の改正について
PAGE TOP