ブログ

交際費等の損金不算入制度延長

令和2年3月31日で期限切れとなる交際費等の損金不算入制度の特例については、マスコミ等において大企業向けの減税措置が廃止されるとの報道も見受けられましたが、令和元年12月12日に公表された令和2年度税制改正大綱では、中小企業向けの特例措置を含め制度全体を2年延長する一方で、接待飲食費に係る損金算入の特例の対象から資本金等の額が100億円を超える法人を除外することが明記されました。

関連記事

  1. 交際費限度額の沿革(S57年以降)
  2. 損益通算について 不動産の売却益と事業所得の損失は損益通算できま…
  3. 遺留分侵害額請求権について(相続税申告後に金銭債務額が確定した場…
  4. デット・エクイティ・スワップ(DES)について~相続・事業承継の…
  5. 教育資金に係る一括贈与の非課税制度の運用が厳格化
  6. 基礎控除の改正について
  7. 遺留分侵害額請求権について(申告期限までに金銭債務が確定しない場…
  8. 役員借入金の相続税上の取扱いと5つの相続対策について
PAGE TOP