ブログ

スイスチーズモデルについて

 スイスチーズモデルとは、スイスチーズには穴がたくさん開いていますが、この穴が開いたスイスチーズを何枚も重ねていっても、一気通貫する穴が存在する場合があります。この穴を企業経営のリスクととらえ、一気通貫する穴が存在した場合には、リスクが顕在化し、事故が発生したことを意味します。ジェームズ・リーズンが提唱したリスクマネジメントのモデルで航空業界、医療業界の現場などで用いられています。この考え方は医療業界などだけでなく、様々な業種・業界でリスク分析に役に立ち、企業のリスクマネジメントとして取り入れていくべきであると考えています。うっかりミスなどのヒューマンエラー、規則違反などのエラー、企業文化などの潜在的原因などが穴を作る要因となります。

関連記事

  1. 交換型リーダーシップと変革型リーダーシップ
  2. マグレガーのⅩ理論・Y理論
  3. 集団の意思決定に潜む罠 集団浅慮(グループシンク)
  4. 病院全体を方向づける方法について
  5. 病院全体のバランスと成長を図る方法について
  6. キャズム理論について
  7. 引当金について 意義・要件・計上根拠
  8. 競争メカニズムを理解するためのフレームワーク
PAGE TOP