ブログ

グループとチームの違い

グループとチームの違い

グループにおいては、個人個人が各人の持っている能力をすべて出し切ることを重視しますが、チームにおいては、得手不得手分野がそれぞれある各人がフルパワーで、すなわち非効率的に能力を出し切るのではなく、各人の相互差用によりプラスアルファの力を効率よく生み出すことができます。

メンバーの連携と協力により、メンバー個人個人の持ちうるスキルや経験では解決することのできない課題をクリアするだけの力を生み出すことができるものがチームです。

メンバー個人の成果を高めることに重点をおいているグループに対し、チームでは全メンバーが共同体として一貫した方向性の下に活動を行うことで更なる効果や成果を生み出すことが可能となります。

関連記事

  1. ビジョン、ミッション、バリュー、ゴール
  2. 医療コミュニケーション学  医療者ー患者関係 力の差
  3. 医療機関における医療安全の取り組みである「報告制度」について
  4. National Patient Safety Goals 翻訳…
  5. キャズム理論について
  6. 医療安全管理 心電図モニタの安全使用確認ガイド
  7. 持分なし医療法人と認定医療法人について
  8. 役員借入金の相続税上の取扱いと5つの相続対策について
PAGE TOP