ブログ

給与所得控除の改正について

 基礎控除とともに、2020年から給与所得控除も改正されました。給与所得控除とは、会社員や公務員の給料から一定額を必要経費とみなして「給与等の収入金額」から差し引くもので、収入金額に応じて設定されます。今回の改正で、控除額の最低額は改正前より10万円引き下げられ、55万円になりました。
 また、給与所得控除額には上限額が設定されており、これまでの税制改正で少しずつ下げられてきました。
2017年〜2019年までは、給与等の収入が1,000万円超の方の上限額は220万円でしたが、2020年以降は850万円超の方の上限額は195万円へと下がりました。例えば、給与収入が600万円の方は174万円から164万円へ控除額が減額、給与収入800万円の方は200万円から190万円へ減額になります。

関連記事

  1. 個人事業主が納める税金の勘定科目 事業主貸勘定 租税公課勘定
  2. 教育資金に係る一括贈与の非課税制度の運用が厳格化
  3. 白色申告と青色申告について 個人事業主の給与の考え方と専従者控除…
  4. 受取配当金益金不算入について 国税庁平成27年度税制改正 国税庁…
  5. 役員借入金の相続税上の取扱いと5つの相続対策について
  6. 交際費等の損金不算入制度延長
  7. 損益通算について 不動産の売却益と事業所得の損失は損益通算できま…
  8. 交際費限度額の沿革(S57年以降)
PAGE TOP