ブログ

平成27年1月から相続税の非課税限度額が引き下げられています。

改正前の遺産に係る基礎控除額は、5,000万円+(法定相続人の数×1,000万円)でしたが、改正後は3,000万円+(法定相続人の数×600万円)となっています。改正前は、法定相続人が3人の場合は8,000万円まで非課税でしたが、改正後は4,800万円までが非課税となります。よって、今まで相続税は関係ないと思っていた方々も対象となる場合がありますのでご注意ください。

関連記事

  1. 給与所得控除の改正について
  2. 持分なし医療法人と認定医療法人について
  3. デット・エクイティ・スワップ(DES)について~相続・事業承継の…
  4. 交際費限度額の沿革(S57年以降)
  5. 親が認知症の場合の生前贈与について
  6. 同一年度に精算課税と暦年課税で贈与を受けるとどうなるか?その他注…
  7. 受取配当金益金不算入について 国税庁平成27年度税制改正 国税庁…
  8. 贈与税結婚子育て資金についても2年延長
PAGE TOP