ブログ

平成27年1月から相続税の非課税限度額が引き下げられています。

改正前の遺産に係る基礎控除額は、5,000万円+(法定相続人の数×1,000万円)でしたが、改正後は3,000万円+(法定相続人の数×600万円)となっています。改正前は、法定相続人が3人の場合は8,000万円まで非課税でしたが、改正後は4,800万円までが非課税となります。よって、今まで相続税は関係ないと思っていた方々も対象となる場合がありますのでご注意ください。

関連記事

  1. 受取配当金益金不算入について 国税庁平成27年度税制改正 国税庁…
  2. 遺留分侵害額請求権について(申告期限までに金銭債務が確定しない場…
  3. 消費税簡易課税制度の変遷と簡易課税制度選択届出書について
  4. 贈与税結婚子育て資金についても2年延長
  5. 役員借入金の相続税上の取扱いと5つの相続対策について
  6. 代償分割の調整計算について
  7. 親が認知症の場合の生前贈与について
  8. 交際費の損金算入限度額
PAGE TOP