ブログ

ハインリヒの法則

 ハインリヒの法則とは、アメリカの損害保険会社に勤務していたハーバード・ウィリアム・ハインリッヒ氏が提唱した「1件の重大な事故の背後には、29件の軽微な事故があり、その背景には事故には至らなかったが、事故につながってもおかしくないような300件の異常(ヒヤリハット)がある」という労働災害における経験則。リスク管理の不徹底による製品・商品・サービスの欠陥は顧客の信用を失わせ、経営を脅かす事象をもたらす。1929年に論じられた法則ですが、現在でも医療・介護、交通業界など様々な分野で危機管理対策や災害防止対策に活用されている。

関連記事

  1. スイスチーズモデルの穴を通さない対策
  2. マグレガーのⅩ理論・Y理論
  3. 競争メカニズムを理解するためのフレームワーク
  4. 役員借入金の相続税上の取扱いと5つの相続対策について
  5. 交換型リーダーシップと変革型リーダーシップ
  6. 戦略分析のための基本ツールについて
  7. バリュー・イノベーション
  8. 受取配当金益金不算入について 国税庁平成27年度税制改正 国税庁…
PAGE TOP