ブログ

ハインリヒの法則

 ハインリヒの法則とは、アメリカの損害保険会社に勤務していたハーバード・ウィリアム・ハインリッヒ氏が提唱した「1件の重大な事故の背後には、29件の軽微な事故があり、その背景には事故には至らなかったが、事故につながってもおかしくないような300件の異常(ヒヤリハット)がある」という労働災害における経験則。リスク管理の不徹底による製品・商品・サービスの欠陥は顧客の信用を失わせ、経営を脅かす事象をもたらす。1929年に論じられた法則ですが、現在でも医療・介護、交通業界など様々な分野で危機管理対策や災害防止対策に活用されている。

関連記事

  1. 戦略分析のための基本ツールについて
  2. 病院全体を方向づける方法について
  3. 事業承継税制について 贈与税・相続税の猶予制度の活用
  4. 交換型リーダーシップと変革型リーダーシップ
  5. マーケティング戦略を策定するための手順について
  6. マーケティング戦略を策定するための手順の全体像について
  7. ホーソン研究について
  8. 減価償却について 意義・必要性・目的・棚卸資産との比較・効果など…
PAGE TOP